平成24年に本県で2巡目の開催となった第67回国民体育大会『ぎふ清流国体』に向けた取り組みにおいて、競技団体に対する強化支援事業を実施すると共に、複数の企業が選手を雇用してクラブチームの活動を支える「岐阜方式」を確立するなどの強化体制の整備に取り組むことで、『ぎふ清流国体』における天皇杯・皇后杯の獲得に貢献することができました。
 また国体開催が契機となり、将来に向けて本県の競技力向上に資する取り組みとするために、組織体制の強化と指導者の育成に重点を置いたことで、その後も高い競技力を維持することができています。

競技力向上計画

平成29年度競技力向上計画

競技力向上対策事業(岐阜県委託)

  1. 国体強化対策事業
    本県スポーツの競技力向上を図り、国民体育大会において優秀な成績をあげることを目的とし、競技団体へ助成金を交付する。
  2. 未来の清流アスリート育成支援事業
    普及・発掘プログラムにより競技人口を確保し、育成・強化を図る。
    また、育成・強化事業を展開するため、組織やシステムの確立を目指すとともに、全国大会入賞の選手、チームの輩出を実現することを目的とし、競技団体へ助成金を交付する。
  3. 優秀指導者育成事業
    選手強化に必要な高い資質を持つ指導者を養成することを目的とし、競技団体へ助成金を交付する。
  4. 優秀選手活用事業
    県内を活動基盤として活躍している各種団体の全国トップレベルの競技成績を持つ優秀選手を活用し、県内の幅広い世代の選手を対象に競技力の維持・向上を図る。

国民体育大会における総合成績

開催年度 開催地都道府県 天皇杯順位
(男女総合成績)
皇后杯順位
(女子総合成績)
平成28年度 第71回 岩手県 10位 13位
平成27年度 第70回 和歌山県 15位 11位
平成26年度 第69回 長崎県 9位 5位
平成25年度 第68回 東京都 5位 3位
平成24年度 第67回 岐阜県 1位 1位

 国体入賞者

ページのトップへ戻る