公認指導者の養成

 都道府県体育協会は、日本スポーツ協会公認資格のうち、「コーチ1」「コーチ2」の養成を行いますが、それぞれ共通科目と専門科目があり、その両方を受講することになります。
 本会でも、岐阜県のスポーツ推進のため、加盟競技団体と連携し、「コーチ1」「コーチ2」の養成を行っていますが、岐阜県の競技団体を通じて申込を受け付けます。指導者資格に関心のある方は各競技団体にお問い合わせください。
 開催の競技については、4月頃に決定します。

 <2019年度開催競技> 5競技
  〔コーチ1〕 水泳、バレーボール、ソフトボール、フェンシング、なぎなた
  〔コーチ2〕 バレーボール
受講希望者は、指導者マイページ(https://my.japan-sports.or.jp/login)より申込を行い、免除該当者は所定の必要書類を添付し、該当する競技団体へ提出してください。
また、指導者マイページをご利用いただけない場合は、「受講申込書」を記入の上、該当する競技団体へ提出してください。

 ■共通科目及び専門科目講習の免除についてはこちら

     *申込みについては各競技団体窓口へご連絡ください。


望ましい公認スポーツ指導者とは

 日常の「生活/暮らし」にスポーツを取り入れることによって「豊かな人生」を得られることを広く一般に定着させるとともに、「仲間と楽しく行いたい」、「うまくなりたい、強くなりたい」さらに「健康になりたい、長生きしたい」という欲求に応えられるよう、その実現に向けて「サポート」するという役割を持つ。また、常に自己研鑽を図り、自ら成長・発展するとともに、社会的評価を得られるよう努力することが重要である。


スポーツ指導者の登録

 公認スポーツ指導者として認定されるには、資格取得のための講習会を受講し修了した後に、所定の資格登録手続きが完了しないと認定されません。
 また、既に資格を登録し認定されている方についても、登録の有効期限が4年間となっていますので、4年毎に資格更新手続きが必要となります。更新登録手続きをしないと公認スポーツ指導者の資格を失うことになります。

 ■指導者マイページ

   登録・更新の手続きや更新研修の参加申し込み、ご自身の登録状況の確認・住所変更が行える他、
  情報誌のバックナンバーの閲覧も可能です。(無料)
   マイページをご利用いただくためには、「マイページID」と「仮パスワード」が必要となります。
   (指導者本人に郵送済み)

      >>https://my.japan-sports.or.jp/


 ■詳しい情報は

   公益財団法人日本スポーツ協会スポーツ指導者(資格情報)
      >>http://www.japan-sports.or.jp/をご覧ください。

       指導者マイページについて

更新研修の開催

 公認スポーツ指導者資格の認定期間は、資格登録後4年間です。資格を更新するためには、資格登録後、資格有効期限の6ヶ月前までに定められた研修会を最低1回受けることが義務づけられています。なお、研修実績のない指導者へは更新登録案内が送付されませんのでご注意ください。(また、住所を変更された場合、手続きをされないと案内が送付されません)なお、「スポーツリーダー」については、資格更新はありません。
 本会では年間4回、更新研修会を開催しています。



2019年度岐阜県スポーツ指導者研修会

(公認スポーツ指導員資格更新の義務研修)
事業名 期 日 会  場 会場収容人数 申込期間(予定)
安全指導事故防止研修会 7月13日(土) 岐阜メモリアルセンター 120名 5月27日(月)~6月28日(金)
岐阜県スポーツ指導者
 研修会No.1
12月8日(日) 長良川スポーツプラザ 120名 10月1日(火)~11月8日(金)
岐阜県スポーツ指導者
 研修会No.2
12月14日(土) 長良川スポーツプラザ 120名 10月1日(火)~11月8日(金)
健康づくり
 スポーツフォーラム
2月15日(土) みの観光ホテル 120名 10月1日(火)~1月31日(金)

【義務研修の申し込みについて】

「指導者マイページ」または、下記「参加申込書」をダウンロードの上、事務局まで郵送またはE-Mailでお申し込みください。

   開催要項(安全指導事故防止研修会)

   参加申込書(安全指導事故防止研修会)

【競技・資格別の指定研修について】

この研修会は、公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者の資格更新のための更新研修となります。なお、テニス及びバウンドテニス資格は1ポイント、チアリーディング(コーチ3のみ)資格は都道府県体育・スポーツ協会実施の1回分の実績となりますが、別途、資格毎に定められたポイント獲得や研修受講などの要件を満たす必要があります。
ただし、次の資格については、更新研修を修了したことにはなりません。
[水泳、サッカー、スノーボード、バスケットボール、バドミントン、剣道、空手道、エアロビック(コーチ4のみ)、スクーバ・ダイビング、プロゴルフ、プロテニス、プロスキー、スポーツドクター、スポーツデンティスト、アスレティックトレーナー、スポーツ栄養士、クラブマネジャー](2019年4月1日現在)

 詳しい情報は こちら をご覧ください。

【義務研修のご案内について】

平成26年度までは本県登録者全員に本会より書面でご案内させていただいておりました。
誠に勝手ではございますが、平成27年度より義務研修受講済の方、及び指定研修の定められた競技・資格保有者には発送しないこととなりました。
今後は、保有資格有効期限等を自己管理していただき、上記の方法でお申し込みください。
ページのトップへ戻る